つみたてNISAの積立最低金額はいくら?ネット証券やメガバンクを調査

2018年1月14日

つみたてNISAの積立金額はいくらから可能でしょうか?つみたてNISAにチャレンジできるのか、積み立てられる最低金額を調べてみました。

 

つみたてNISAは積み立て型の投資制度

つみたてNISAは、毎月などの一定の頻度で積み立てていくタイプの投資です。年間40万円まで非課税で積み立てることができます。非課税の枠を最大限利用するために、できるだけ上限ギリギリに積み立てたいところです。

ただ、毎月最少でどれぐらいの額を積み立てることができるのか?気になるところです。

 

積立最低金額は取り扱う証券・銀行で異なります

つみたてNISAを取り扱う金融機関、証券会社や銀行を調べてみました。すると、取り扱う会社ごとに、積立最低金額が異なることがわかりました。そのため、申し込みする金融機関をどこにするか選択することは非常に重要です

 

積立額が最も低いのは、ネット証券

調査の結果、つみたてNISAの積立最低額が最も低かったのは、ネット証券でした。

  1. 楽天証券
  2. SBI証券
  3. マネックス証券
  4. 松井証券

これらの4つの証券会社は、100円から積み立てることができます。そのため、最初は不安な人でも、ちょっとずつ投資を行うことが可能です。

 

それにたいして、大手証券やメガバンクは、ネット証券に比べると、1回あたりの最低積立金額が高めでした。

  • 野村證券:1000円
  • 大和証券:1000円
  • 三菱東京UFJ銀行:1000円
  • 三井住友信託銀行:1万円

もちろん、年間の非課税金額が40万円のため、毎月1000円の積み立てはそれほど負担はなく、十分かもしれません。しかし、利用者からすれば、できるだけ積み立てる最小金額が小さいほど小回りが利き、投資しやすいメリットがあります。

 

つみたてNISAの積立最低額まとめ

今回、つみたてNISAの積立最低金額を、取り扱い業者ごとに調査しました。その結果、ネット証券のつみたてNISAが最も安く、100円から積み立てることができます。非課税枠を考えると、気にしなくてもよいかもしれませんが、やはり最低積立金額が小さい方が、小回りがきき、利用者にとって利便性があります。そのため、積立金額の観点から言えば、ネット証券で申し込むことをオススメします。