つみたてNISAの非課税金額はいくら?毎年どれだけ積み立てる可能なのか

つみたてNISAでは、1年間にどれだけの積み立て金額が非課税になるか紹介していきます。

 

非課税で積み立てられる年間金額

つみたてNISAは1年間で最大40万円まで積み立てることができます。この金額内であれば、運用益や分配金が発生しても、非課税で、税金がかかりません。年間40万円を超えてしまうと、それ以上については課税対象になるので、注意が必要です。20年間の累計の非課税枠は以下の金額となります。

40万円(1年間あたり)×20年(期間)=800万円(合計)

2018年に積み立てた40万円は、2037年までに発生した運用益・分配金が非課税になります。

 

つみたてNISAはどれだけお得?

年間利回りが5%で運用できたと仮定した、ざっくりとした計算で、2万円の運用益が発生します。通常の株式や投資信託の場合は、利益の2万円から20%が税金で引かれます。そのため、実質的な利益は1万6千円となり、純粋な利回りは4%になってしまいます。

つみたてNISAであれば、税金がとられません。そのため、運用益をまるまるもらうことができます。1年であれば、4千円とそれほど気にする額ではないかもしれません。しかし、つみたてNISAは、非課税で運用できる期間が20年と非常に長期的です。長期投資で考えた時に、この4千円はのちのちに大きな変化が起こります。複利計算も行うと、20年後には、大きな資産が形成されます。

 

まとめ・終わりに

今回、つみたてNISAが1年間に非課税で40万円まで積み立てられることをお伝えしました。余裕資金があれば、非課税枠ギリギリまで投資するのがオススメです。ただ、年間40万円以上は積み立てできないので、注意が必要です。

取り扱う金融機関・ネット証券の中には、非課税枠を越えそうになると、積み立て額を制限してくれる制度もあるみたいです。この銀行の場合は、常に非課税枠ギリギリで使えるので非常に便利です。