つみたてNISAのメリットとデメリット!従来型NISAとの比較(長所と短所)

「つみたてNISA」という新しい投資スタイルが2018年1月から始まりました。この積み立てNISAと、従来型のNISAを比較したメリット・デメリットを紹介していきます。

 

積み立てNISAは、2018年からスタート

つみたてNISAは、2018年から始まった新しい投資制度です。2014年に開始された従来のNISAの積み立てバージョンです。NISA(少額投資非課税制度)の名前の通り、投資によって得られた運用益や分配金は、非課税になります。

 

一般の証券取引では、利益の20%が課税

通常の株式投資などでは、売却益や配当収入が入っても、20%が課税されました。もし、1万円利益が出ても、2,000円が税金で引かれる計算です。そのため、年間10%の利回りでも、税金を差し引いた結果、実質的には8%の利回りに下がってしまいます。

 

NISAは運用益が出ても非課税

それに対し、少額投資非課税制度であるNISAは、あらかじめ決められた金額の範囲内で、どれだけ運用益が発生しても、税金が発生しません。資産形成がしやすい特徴があります。

NISAには従来型NISAとつみたてNISAの2種類

今まではNISAは従来型の1種類しかありませんでした。しかし、2018年からは、積み立てタイプの「つみたてNISA」が始まりました。従来型NISAとつみたてNISAは、どちらか片方しか利用することができません。

では、従来型NISAとつみたてNISAどちらを選択すべきか。今回、従来型のNISAと比較した、積み立てNISAのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

積み立てNISAのメリット(長所)

積み立てNISAがどういった点で優れているか、従来のNISAと比べたメリット・長所を紹介します。従来型NISAと比較して、3つのメリットがあります。

  1. 非課税の投資期間が最長20年(従来型は最長5年)
  2. 1年の非課税枠は40万で、20年800万円。NISAよりも200万円多い
  3. どの金融商品も販売手数料はすべて0円

①非課税となる投資期間は、従来型のNISAの場合、最長5年でした。それに対して、つみたてNISAは、最長20年間積み立てることが可能です。そのため、コツコツと長期投資を行うことが可能です。

積み立てNISAは、1年間に40万円まで非課税枠があります。その範囲内での運用益が非課税になります。その期間が最長20年間のため、20年間で合計800万円ほど非課税枠がある計算です。従来型NISAは、1年間に120万円の非課税枠があります。最長5年間利用できるため、合計600万円の非課税枠があります。そのため、従来型に比べ、積み立てNISAの方が、非課税枠が200万円も多い点が優れているポイントです。

つみたてNISAで購入可能な投資信託・ETFはすべて販売手数料が0円です。また、購入した金融商品にかかる信託報酬も、通常の投資信託よりもかなり低いのが特徴です。投資信託では、販売手数料や信託報酬が高額でトラブルになるケースが多かったです。そういった心配がないよう、つみたてNISAは、低めの金融商品のみ用意されています。

 

積み立てNISAのデメリット(短所)

続いて従来型NISAと比較した、積み立てNISAのデメリット・短所を紹介します。こちらも2つのデメリットが存在します。

  1. 1年間の非課税額は40万円と、NISAの120万円より少ない
  2. 取り扱う金融商品(投資信託・ETF)も、約130本と少ない

①合計期間では、積み立てNISAの方が非課税の金額が大きいですが、1年単位だと、1/3しかありません。そのため、つみたてNISAは従来型NISAに比べ、短期間での非課税の効果は少ないです

②従来型のNISAでは、国内外の株式やETF、国内投資信託の好きな商品を購入できます。しかし、積み立てNISAでは、金融庁が指定した約130種類の投資信託・ETFしか選択できません。投資の自由度という点では、従来のNISAに軍配が上がります。

 

積み立てNISAのメリット・デメリットまとめ

○メリット

  1. 非課税の投資期間が最長20年(従来型は最長5年)
  2. 1年の非課税枠は40万で、20年800万円。NISAよりも200万円多い
  3. どの金融商品も販売手数料はすべて0円

○デメリット

  1. 1年間の非課税額は40万円と、NISAの120万円より少ない
  2. 取り扱う金融商品(投資信託・ETF)も、約130本と少ない