つみたてNISAを楽天証券で始めた場合に貯まる楽天ポイントを計算・シミュレーション

今回、つみたてNISAの口座を楽天証券で開設し、積み立てをスタートすると、最終的にどれぐらの楽天ポイントが貯められるのか、調査・シミュレーションしてみました。

積み立てた投資信託額に応じて、楽天ポイント

楽天証券でつみたてNISAの口座を開設するメリットの1つに、積立額に応じた楽天ポイントが貯まるハッピープログラムというサービスがあります。このサービスでは、毎月10万円ごとに4ポイント受けとることができます。通常の運用益とは別にもらえるのがうれしいです。

 

つみたてNISAでどれぐらいの楽天ポイントが貯まる?

では、つみたてNISAで投資信託を積み立てていくと、一体どれぐらいの楽天ポイントが貯まるのでしょうか?20年後の合計ポイント数をシミュレーションしてみました。

【シミュレーション条件】

  1. 毎月3万円+ボーナス月(7,12月)2万円=年間合計40万円
  2. 積み立てた投資信託の運用益は除外
  3. 2018年1月よりつみたてNISA開始

○1年目

4月~4ポイント、7月~8ポイント、10月~12ポイント、12月~16ポイント

1年目の合計獲得ポイント:76ポイント

○20年間の合計

20年間の合計獲得ポイント:38000ポイント

 

運用益次第でさらなるポイント獲得の可能性

今回のシミュレーションで算出したのは、積み立てた金額にのみ着目しています。つみたてNISAで発生した運用益については考慮していません。そのため、うまく積み立てた投資信託によって、リターンを得られれば、さらなるポイントを獲得できる可能性があります。

 

もらったポイントをつみたてNISAに投資

楽天証券の魅力・メリットに、たまったポイントをつみたてNISAの投資に回すことができることが挙げられます。投資によって得られたポイントを再び投資に回すことで、スノーボールのように投資を増やしていくことができます。

 

まとめ・終わりに

今回、楽天証券でつみたてNISAを始めた場合に、積み立てた投資信託の金額に応じて楽天ポイントがもらえるハッピープログラムで、獲得できるポイント数を算出しました。シミュレーションの結果、3万8000円分の楽天ポイントが20年の間に貯まることが分かりました。設定条件は、運用利益が0で計算しているため、もしかしたら、もっとポイントを獲得できる可能性があります。

楽天証券は、つみたてNISAの取り扱い投資信託数も多いため、非常にオススメの証券会社です。私も楽天証券でつみたてNISAをはじめています。楽天市場など、楽天をメインに使用している人には、楽天証券でつみたてNISAを始めるのがベストだと思います。

[RAKUTEN]