専門家によるつみたてNISAオススメ投資信託が紹介(ヤフーニュース)

2018年1月27日のヤフーニュースに、専門家による、つみたてNISAのオススメ投資信託紹介の記事が掲載されました。そこでは6種類の投資信託が積み立て対象として推奨されています。その記事で紹介された投資信託について解説したいと思います。

 

Yahooニュースに専門家オススメ投資信託が紹介

2018年1月27日にヤフーニュースに配信された記事で、専門家がオススメするつみたてNISAの投資信託6種類が紹介されました。

専門家は、フィナンシャル・ウィズダム代表「山崎俊輔氏」です。山崎氏のプロフィールは以下のようになっています。

フィナンシャル・ウィズダム代表。お金と幸せについてまじめに考えるファイナンシャル・プランナー。「お金の知恵」を持つことが個人を守る力になると考え、投資教育家/年金教育家として執筆・講演を行っている。

 

記事の概要

山崎氏の記事には、以前「つみたてNISAでは業者が儲からない?逆に利用者にはオトクな投資制度」と同じ、金融機関にとっては儲からない商品なので、利用者にとっては非常にお得な投資制度であると説いています。

 

つみたてNISAの投資信託の選び方

さらに、記事では、つみたてNISAで投資信託を選ぶための5つの指針が紹介されています。

  1. 「バランス型ファンド」を対象
  2. できる限り低コストのもの
  3. インデックス運用のもの
  4. 投資対象を均等に割り付けるものは除外
  5. バランスファンドで株式投資比率の最も高いもの

 

山崎氏オススメの投資信託

記事を執筆した、ファイナンシャルプランナー・山崎氏が推奨するつみたてNISAの投資信託は以下の6種類です。

  1. たわらノーロード バランス(積極型)
  2. 三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド
  3. DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型)
  4. つみたてバランスファンド
  5. ダイワ・ライフ・バランス70
  6. 三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)

いずれも、前述の投資信託の選び方の5つの方針を満たしたものです。信託報酬も0.22%~0.26%と低めに抑えられています。

 

6つの投資信託を扱う証券会社は?

記事で紹介された6つの投資信託は、2018年1月31日現在、以下の2つの証券会社で取扱いがあり、つみたてNISAで購入できます。

  1. SBI証券
  2. 楽天証券

 

SBIと楽天は、つみたてNISAの取扱い投資信託数がトップ1,2のネット証券です。

それぞれ、ハピタス経由で申込むと、ハピタスポイントがゲットできるのでオススメです

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

SBI証券は本日2018年1月31日まで4000ポイントがもらえますので、オススメです↓

SBI証券のつみたてNISAならハピタス経由で!4000円分のポイント獲得【申込み手順解説】

 

まとめ・終わりに

今回、ヤフーニュースに掲載された、ファイナンシャルプランナー・山崎俊輔氏がオススメする6つの投資信託について紹介しました。記事では、つみたてNISAは利用者にお得な制度であることや、投資信託の選び方が紹介されていました。

今回オススメに挙がった投資信託は、バランス型・インデックス・低コストの3拍子が揃っています。20年間メンテナンスせずに運用する際にオススメです。ぜひ、記事を参考にしてください。