つみたてNISAで積み立てる投資信託の選び方!信託報酬の安さで選択する方法

つみたてNISA用の口座を開設したら、積立金額を決め、どの投資信託に投資していくか考える必要があります。しかし、つみたてNISAは予め積み立て対象が絞られているとは言え、全部で[TOTAL]種類あります。どのようにして選べばよいのか、投資に詳しくない人には選ぶのが難しいです。そこで、投資信託の管理費用となる信託報酬を基準にする選択方法を解説します。

 

つみたてNISAの対象は投資信託のみ

2018年1月からスタートしたつみたてNISAは、投資に詳しくない人にも投資しやすい工夫がされています。

  1. 投資対象は投資信託のみ(株の直接売買は不可)
  2. 中でも金融庁に認可を受けた投資信託のみ(全[TOTAL]種類)
  3. 積み立て式の長期投資で利益が出やすい

積立NISA対象の投資信託には、「購入手数料無料」、「信託報酬が一定水準以下」という特徴があります。詳細については、「つみたてNISAの手数料はいくら?投資信託の積立に必要な経費を解説」の解説記事を参照ください。

 

どの投資信託に積み立てるか選ぶのが難しい

しかし、投資できる商品数が、通常の投資信託に比べると少ないと言っても、全部で[TOTAL]種類あります。これは、選ぶのに苦労します。どの投資信託が運用益が出やすいのか、正直、投資に詳しくない人には難しいです。もちろん、過去のリターン率が見られるので、それで、運用益がどれぐらい発生していたか知ることはできます。けれども、あくまで過去のデータなので、今後同じように利益が発生するわけではありません。

 

投資信託の信託報酬を基準に選定する方法

そこで、投資信託の信託報酬の低さを指標とする投資方法があります。信託報酬とは、投資信託の管理手数料で、その投資信託を保有するかぎり、保有口数に応じた費用がかかります。信託報酬は、投資信託共通ではなく、各々の投資信託によって費用が異なります。

この信託報酬を選ぶ基準とする投資方法を今回紹介します。やり方は非常に簡単です。

「信託報酬が最も安い投資信託に積み立てる」

たったこれだけです。投資信託には様々な数値指標がありますが、信託報酬率だけを見て、比較していけばよいです。とても簡単で、忙しい人も時間をかけずに投資対象を選ぶことができます。

 

信託報酬の低さを基準に選ぶ方法のメリット

信託報酬を基準にして投資信託を選ぶ方法のメリットを紹介します。

  1. 投資信託の利益=運用益ー信託報酬
  2. 過去の利回り率は変数だが、信託報酬は定数
  3. 信託報酬のみ比較するだけで簡単

投資信託に投資して利益を発生させるためには、運用益が発生することはもちろん必要です。しかし、重要なポイントは、「運用益が信託報酬を上回ること」です。仮に1年間で1%の運用益が発生しても、年間の信託報酬が1%以上の場合、損失になります。家計でもいくら収入がアップしても、その分支出も増えると、貯金ができません。

そして、投資信託には、過去のリターン率や、シャープレシオなどの色々な指標があります。しかし、こういった指標は、過去の運用に基づいて算出された変数で、1年経過すれば、変化してしまいます。それに対して、信託報酬はあらかじめ定められた定数で、よっぽどの事情がなければ変化しません。そのため、基準として用いる指標にピッタリです。

さらに、投資信託の選ぶ際には、信託報酬が低いものを第一基準として、選別すればよいので、とても簡単です。

これらの3つが信託報酬を基準に投資信託を選ぶメリットです。

 

まとめ・終わりに

今回、つみたてNISAで、積み立てる投資信託を選ぶ方法として、投資信託の信託報酬を基準に選定する方法を紹介しました。つみたてNISAでは、口座管理料や投資信託の購入手数料は無料で、経費としては信託報酬のみです。

投資で収益を得るためには、(運用益ー経費)がプラスである必要があります。プラスにするためには、運用益を増やすか、経費を減らすかの2択です。しかし、運用益が出るかどうかは投資のプロでも分かりません。すごい運用益が出るかもしれないですが、あまり運用益が出ない場合もあります。そうした際に、経費を安く抑えておけば、収益が発生しやすくなります。そのため、より安い信託報酬で投資信託を選ぶ方法は、投資の収益を得るために妥当な戦略です。もちろん、色々な投資信託の数値指標や、指針から判断するのは大切ですが、なかなか投資初心者には難しいです。そこで、信託報酬を基準に選定するのは、初心者や忙しい人にピッタリの方法です。

ぜひ、選び方に困ったときは、信託報酬の低い投資信託を選ぶ方法を試してみてください。