つみたてNISAの積み立て頻度はどのくらいか?毎月・毎週or毎日

今回は、つみたてNISAを利用した場合に、どれぐらいの頻度で掛け金を積み立てていくのか紹介します。つみたてNISAでは、毎月一定の積立額という形が基本的ですが、より柔軟に積み立てることも可能です。

 

つみたてNISAは積み立て型のNISA

つみたてNISAは、従来のNISAとは異なり、積み立てる形のNISAです。一定間隔で掛け金を積み立てるため、長期投資に適しています。そしてNISA(少額投資非課税制度)ということで、1年間の掛け金が最大40万円までは、運用益が非課税になる特典があります。非課税の期間も、通常のNISAよりも長い20年間です。そして、20年間に渡って、積み立てることが可能なため、最大800万円まで積み立てられます。

 

積み立てる頻度はどれぐらい?

では、積み立てる頻度はどれぐらいの間隔でしょうか?つみたてNISAでは、基本的に毎月積み立てるのが標準的です。そのため、つみたてNISAを取り扱う証券会社や銀行も、毎月単位で積み立てる運用スタイルが紹介されています。

 

ボーナス月は積立額を増やすことも可能

なかには、通常の毎月の積み立て以外に、ボーナス支給月の場合に、ボーナス積立で、積み立て増額が可能なプランもあります。つみたてNISAは非課税枠の上限が、年間40万円です。月3万円ずつ積み立てると、36万円で、上限まで4万円が足りません。そこで、夏と冬のボーナス月には、2万円増額して積み立てれば、非課税枠をフルに使いきることが可能です。

2万円×12ヶ月+2万円(夏ボーナス)+2万円(冬ボーナス)=40万円

 

毎日や毎週など細かな設定が可能な証券会社も

さらに、つみたてNISAを取り扱う証券会社の中には、毎月以上に細かく区切って積み立てられるプランも用意されています。

楽天証券のつみたてNISAプランでは、毎日積み立てることも可能です。さらに、SBI証券のつみたてNISAが最も積み立て頻度のバリエーションが豊富で、

  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
  • 隔日

といった形で、柔軟に積み立てることが可能です。つみたて頻度は、毎月積み立てる形が基本的ですが、このように柔軟に積み立てられるのは、利用者にとって利便性が高いです。

SBI証券は2018年1/31まで限定で、ハピタスを経由で口座申込みすると、4000ポイントもらえるキャンペーン中です。下記の記事でハピタス経由でSBI証券に申し込む手順を解説しています。

SBI証券のつみたてNISAならハピタス経由で!4000円分のポイント獲得【申込み手順解説】

 

積立頻度が高いと利回りも高くなる?

積立頻度が高いと、どのようなメリットがあるのでしょうか。積み立てる頻度をより頻繁にすると、利回り・リターンがより高くなると言われています。しかし、NIKKEI STYLEがリターンに大差が生じないことを紹介しています。

積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし

記事では実際の投資信託を、毎月・毎週・毎日の頻度で5年間積み立てた場合のリターンを計算しています。

毎月と毎日で比較すると、確かにそれほど利回りに差がありません。しかし、どの商品も「毎月≦毎日」で、0.1%ほど毎日が高いです。さらに、J-REITなどは毎日積み立てた方が、1.0%高い結果になっています。つみたてNISAは20年の長期投資なので、この0.1%は大きな影響を持ちます。そのため、「大差ではないが、毎月よりも毎日の方が利回り・リターンにメリットがある」と言えます。

 

まとめ・終わりに

今回、つみたてNISAの積み立て頻度について紹介しました。基本的に、つみたてNISAでは毎月積み立てる形です。しかし、ネット証券で楽天証券やSBI証券では毎日や毎週といったより柔軟に積み立てることが可能です。積み立てる頻度が高くなると、利回り・リターンも少しですが良くなる傾向があります

積み立てる頻度についても、証券会社選びの基準にして、検討してもよいかもしれません。