つみたてNISAでは業者が儲からない?逆に利用者にはオトクな投資制度

先日、経済雑誌の東洋経済に下記のような記事が配信されました。

2018年1月にスタートした、つみたてNISAですが、まだまだ口座申込み件数が芳しくないことを紹介しています。その原因として、「金融会社が儲からない」ことが挙げられています。

金融機関の大半がほとんど「売る気なし」

東洋経済の記事の中で、つみたてNISAを扱うセゾン投信の社長が登場します。各金融機関のつみたてNISAの担当者が集まった際に、「採算度外視」という言葉が出てきます。この言葉が示す通り、つみたてNISAは扱う証券会社や銀行にとって、儲かる商品ではないそうです。担当者の意識に「やってられない」という意識が強いそうです。

 

逆に、利用者側はオトクな投資制度

今回、東洋経済に掲載された趣旨としては、つみたてNISAの制度が良くない論調で書かれています。しかし、「金融会社が儲からない=利用者はオトク」ということが分かります。つみたてNISAは、利用者にとって、以下の2つのメリットがあります。

  • 投資信託の購入手数料無料
  • 信託報酬も低コスト

そのため、金融業者の取り分は少ないです。制度的には短所があるかもしれませんが、利用者にとっては長所のため、つみたてNISAに取り組むべきと考えます。

 

投資信託の手数料で稼ぐビジネスは時代遅れに

ただし、記事内では、つみたてNISAに取り組まない金融機関は、将来顧客不足に陥ると指摘がありました。現段階では金融機関にとって、利益が少ない商品でも、たくさんの加入者が集まることで、集約効果で収益化も可能です。その時、取り組んでいなかった証券会社は、手遅れになります。

顧客の利益を優先せずに、投資信託の手数料を稼ごうとするビジネスモデルは時代遅れとなりました

 

手数料が低いつみたてNISAはオススメ

今回、東洋経済に掲載されたつみたてNISAに関する記事を紹介しました。記事内では、つみたてNISAは金融機関にとってはうま味が少ないと記載がありました。しかし、裏を返せば、加入者にとっては、従来の投資信託で取られていた手数料が抑えられるメリットがあることが分かります。まだ始まったばかりの新しい投資スタイルなので、不安も大きいですが、つみたてNISAはオトクなのでぜひ始めることをオススメします

つみたてNISAを始めるならオススメはSBI証券です。そのメリットについてこちらで紹介していますつみたてNISAはSBI証券が取扱い商品数No1でオススメ!SBIポイント付与メリットも